DMM.com

潤沢な資金で新規事業を次々に打ち出すIT総合企業

「あたらしい」「面白い」を生み出す事業開発会社。

従来の動画配信事業を礎とし潤沢な資金をもって、英会話、太陽光、3Dプリンター、VRなど新たな事業を次々と打ち出している。自らの発展や挑戦に枠組みを設けず、新しいことに挑戦することをよしとする社風であり、今後もさらなる事業開発が期待される積極的な企業である。

REPORT

企業レポート

株式会社DMM.comは、動画配信事業を主要事業とする、IT総合企業である。

2000年に創業してから順調に売上を伸ばし、2014年には売上1,000億円を突破した。近年の成長率も高く、2011年の495億円の売上から、2015年2月には1,458億円の売上を達成し、大規模ながら圧倒的な成長率を誇る。(https://dmm-corp.com/company/より 2016年11月20日現在)

潤沢な資金をもって新たな事業に次々と展開する企業であり、今後も新規事業、事業投資などでさらに活躍の幅を広げていくと期待される企業である。

CORE BUSINESS

主要事業

動画配信

概要

当社設立初期からの事業であり、現在も高い収益を生み出す主要事業。アダルトのイメージも強いが、スポーツ、アイドルなどのライブ配信を業界に先駆けて行ったことでも有名であり、今も多様なジャンルのコンテンツを配信している。

事業の強み・特徴

アダルト、スポーツ、アイドル、アニメなどの各種コンテンツのプラットフォームとして、DMM.comという非常に強力なサービスを運営している。

スポーツ等においても業界の黎明期から先進的な取り組みをしているが、やはりアダルトの部分に強みがあり、会員数、ページビュー数も莫大で、売上も当社の大部分を占めると言われている。

アダルトコンテンツに対して、ダーティーなイメージを持つ人も多く、そういった意味ではデメリットであるとも言えるが、一方で安定的かつ莫大な売上は当社の大きな基盤となっており、後述するような新たな事業群を生み出していく原資として、事業会社としてのDMMの重要な礎を担っている事業であると言える。

新規事業群

概要

動画配信事業によって獲得した豊富な資金を元に、新たな事業を次々立ち上げている。「艦これ」で有名なゲーム事業、コミック、証券、太陽光、VR、3Dプリンターなど、非常に幅広く事業を立ち上げており、今後の発展に期待が持たれる。

事業の強み・特徴

前述のように、動画配信事業の売上による潤沢な資金を元に、様々な新規事業に投資を行っている。その資金量もさることながら、会長の亀山氏は積極的な事業家としても著名であり、「亀山直属プロジェクト」という新規事業提案の機会などによって積極的な投資を行っている。

ここ数年の短い間に「艦これ」で有名なゲーム事業、3Dプリンター事業、また近年打ち出したアフリカでの事業開発「DMM.africa」などを生み出している他、M&Aによる事業買収からの拡大にも力を入れており、英会話、FX、太陽光事業などを運営する他、今後の新たな事業開発にも期待が持たれる。

エントリーシートはまだ有りません。
選考レポートはまだ有りません。
インタビューはまだ有りません。

LINK

会社情報

正式名称 株式会社DMM.com
設立日 1999年(平成11年)11月17日
事業内容 無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル
公式ホームページ https://dmm-corp.com/company/
採用ページ http://recruit.dmm.com/

Company企業分析

企業情報を探す