就プロ > 業界一覧 > 人材ベンチャー

COMPANY LIST

企業一覧

人材ベンチャー業界とは

人材ベンチャーとはその名の通り人材業界におけるベンチャー企業のことを指す。人材業界の事業内容は、人材の紹介・派遣や、求人広告、コンサルティングなど多岐に渡るが、ベンチャー企業が取り組むものも多岐に渡っている。またその中でも今まで大手企業が提供できなかった新しい価値を提供している所も多く、魅力的な業界である。

 

他業界からの参入者や就職経験のない者によって設立された企業も多いが、リクルートやインテリジェンスといった業界内の大手企業出身者が設立したものも少なくない。

  • 市場規模

    • 2013年度の人材業界の市場規模は、全体で約8兆円である。近年、順調に市場規模を拡大している人材業界だが、2015年度も前年比で110~120%程度の成長が見込まれており、売上高や営業利益で過去最高額を更新する企業が多数存在している。

       

      業界内最大手であるリクルートホールディングスが売上高1兆1,915億円、2位のテンプホールディングスが3,624億円と他を圧倒しているが、ベンチャー企業の中にも着々と売り上げを伸ばしているものもある。

       

      2000年1月に設立されたエン・ジャパンは2015年の連結売上高が261.4億(前年196.2億円から+33.2%)を記録、2000年11月設立のネオキャリアは2015年度の売上高が252億円(前年比+45%)を記録、2006年設立のリブセンスも50.6億円(前年42.7億円から+18.5%)といずれも売り上げは好調である。

       

      また、エン・ジャパンやネオキャリアはすでに売上高が200億円を突破している上に前年度からの成長比率も高い。これらの企業のように100億円を突破して成長を続ける企業も現れており、人材業界ではベンチャー企業の成長が著しいと言える。

  • 市場環境

    • 事業の「規模」が重要になってくる人材業界においては、総合的に事業を展開する大手企業(リクルートホールディングス・テンプホールディングスなど)の競争力が強く、業界が成長傾向にあるとはいえベンチャー企業は様々な工夫を強いられている。

       

      大手企業のように総合的な人材関連事業に携わる企業もあるが、ニッチな業界を狙う戦略を打ち出している企業や、テクノロジーによって新たな価値を創出しようという企業も少なくない。

       

      医療介護人材や、歯科医師・歯科衛生士専門の人材紹介サービスに特化した企業や、ベンチャー企業への転職を専門にした転職支援サービスを展開する企業、あるいは人口知能やビッグデータによって人材採用を解析するサービスなど、様々なものが存在し、業界内の競争はますます熾烈なものになっていくと予想されている。

       

  • 業界のよいところ

    • 人材業界のみならず、ベンチャー企業は規模のまだまだ小さいところも多く、新入社員であっても裁量の多い仕事を任せてもらえる可能性が高い。自分の意見やアイデアを積極的に発信して、それを形にする楽しさや喜びを感じられる他、若いうちから仕事の幅が広く様々な業務を経験できるといった点で人気を集めている。

       

      また、特に人材業界のサービスは多岐に渡り、ITを駆使した最新のサービスを開発する場合もあれば、アイデアを駆使して革新的なサービスを提供できないかと模索している企業もある。

       

      ベンチャー企業が数多くある業界であるため、各々が働きたいビジョンに沿った企業を複数の選択肢の中から選ぶことができるという点でも魅力的である。

  • 代表的企業

    • ネオキャリア・ビズリーチ・クイック・エン・ジャパン・リブセンス・アルー・SMSキャリア・レバレジーズ・など

Industry

他の業界

INDUSTRY LIST業界一覧

企業情報を探す