就プロ > 業界一覧 > 教育

COMPANY LIST

企業一覧

教育業界とは

教育業界とは学生(受験生)向けの塾や予備校、通信教室・家庭教師などをはじめとして、一般人(社会人)を対象とした資格獲得支援や語学教室など、人の能力やスキルを伸ばすサービスを提供する業界のことを指す。

かつては「教室」という決められた場所に生徒が集まり教師という立場の人間が何かを教えるといったスタイルや、教材を販売・販売するといったスタイルが主流だったが、近年ではIT技術の発達に伴いサービスも多様化してきている。「eラーニング」「EdTech(EducationとTechnologyを掛け合わせた造語)」というキーワードが取り上げられるほど、教育業界におけるIT技術を絡めたサービスの成長は著しい。

  • 市場規模

    • 教育業界の2014年度の市場規模は9,433億円である。2009年以降業界の市場規模は右肩上がりの成長を続けており、今後も短期的にはゆるやかに拡大していくと見込まれているが、やはり少子化の影響が強く、長期的には減退するのではとの見立てが強い。

       

      教師・生徒ともに人材が集中する都心部では教育意識の向上によって学習塾は依然としてなんとか現状維持をしているものの、通信教育やeラーニングといった地理に左右されないサービスが過熱し、地方都市での学習塾は衰退が見られる。

       

      業界内の最大手は、通信教育に強みを発揮するベネッセホールディングスで2014年度の売上高は4,632億円と業界全体のシェア49.1%をも占める。これは2位の学研ホールディングスの売上高901億円の5倍以上を誇っており、教育業界はベネッセの1強状態であると言える。

  • 市場環境

    • インターネットの普及やIT技術の発達に伴い、教育業界にもIT化の流れが押し寄せてきている。eラーニング、EdTechという言葉に表されるように、教育とITを掛け合わせたサービスが数多くリリースされており、MOOC(Massive Online Open Courses)という大規模オンライン公開講座を活用した大学まで設立されている。

       

      こうしたITの発達や、少子化による業界全体の先細りを懸念してか、Z会サービスを運営する増進会出版社はeラーニングのテクノロジーに強い企業と2015年に業務提携を行うなど、業界の未来に向けた準備を進めている。

       

      また学習塾においても合併の動きは進んでいる。ベネッセ、学研による学習塾の買収や、栄光ホールディングスが増進会出版社によって完全子会社化されるなど、少子化による市場規模の減少や2020年の大学入試改変による受験教育の変動に備える動きが散見される。

  • 業界のよいところ

    • 教育業界大手に入社した場合、教材の企画や開発、学校法人への営業、学習塾を持つ場合はスタッフや組織のマネジメントなどに関わることになるだろう。どの業務も最終的には顧客の成長という所に密接に繋がる業務であり、そういったことに興味のある人には非常にやりがいある業界であると言えよう。

       

      また、子供を対象とした場合、相手の知識やスキルのみならず、人格形成にも携わる可能性も高く、相手の人生に対しての貢献に、また個人への貢献がひいては社会全体の貢献に繋がるといった点でも、強い責任とやりがいを感じることができる業界だと言える。

  • 代表的企業

    • ベネッセホールディングス・学研ホールディングス・トライグループ・ヒューマンホールディングス・ナガセ・TAC・リソー教育・Z会グループ・早稲田アカデミー・市進ホールディングス・JPホールディングスなど

Industry

他の業界

INDUSTRY LIST業界一覧

企業情報を探す