就プロ > 業界一覧

外資系企業ってどんなところ?

外資系企業とは

外資系企業とは、資本形成に海外の資本が入っている会社のことを指す。

その多くは、日本のみならず多くの国に海外展開するような世界的大企業が多い。日本にも、IT、メーカー、ホテル、アパレル、コンサル、医薬品、金融など多くの業界が参入してきている。

企業によって、経営を日本に置く日本マクドナルドのようなケースもあれば、経営は本国で日本は一支店、一営業所であるというケースもある。これらのケースには日本支社、日本支店が持つ決済権限や情報アクセスという点で大きな違いがある。

その企業における日本支社の立ち位置や勢力などにも注意して企業を研究すると良いだろう。

市場環境について

経営を複数の国にまたがって行っているため、企業自体の安定性は高い。但し、日本支社自体の安定性とは同義ではない。日本での経営数値が悪化した場合、日本からの撤退という判断をした企業も過去に挙げられる。

全体観としては日本市場自体は縮小傾向にあるが、依然として世界屈指の市場であるため参入は今後も続くだろう。かつてはメーカーなどの日本市場参入が中心であったが、21世紀に入ってからはサービス業やIT企業の参入が相次ぐ。特にIT分野は参入数も多く、今後も伸びが期待できるため、就職先としても有力であろう。

  • 外資系企業のいいところ

    • 働き方の傾向

      いわゆる外資系企業のイメージとして「成果主義」という印象を持つ人も多いであろうが、実際に、年齢や性別などでなく成果が評価の基準となることが多い。また、成果さえ出していれば自由に個人的な仕事が出来るということも挙げられる。

      しかし、これらは「外資」とひとくくりには出来るものではなく、企業によって資本は外資だが働き方は日系に近いという会社もある。特に古くから日本市場に参入し、日本国内での規模が大きければ大きいほどその傾向は強い。差異が大きいため、その企業独自の文化や働き方などは調べる必要があるだろう。

      働く上で身に付くものやメリット

      一般的に外資系企業の年収は高いと言われる。成果に応じて給与が決まることが多いため、営業成果を高く残している人は、年収が5000万円を超えるということもある。これは高年収を目指す人にとっては大きなメリットだろう。

      また、外資系企業の数はこれからも増えて行くと予想されるため、外資系企業に勤務経験のある人は国内の外資系企業からの需要は高まるであろう。また、他国での勤務を希望する際のひとつの分かりやすい経歴ともなる他、本国や他国の支社と仕事をする機会も多いため、海外で働きたい人には良いキャリアと言えるだろう。

IT業界ってどんなところ?

IT業界とは

Information Technologyの略であることから分かるように、情報技術を用いた産業を展開している企業群である。PCやスマートフォンなどを作っているハードウェア業界、ハードを動かすソフトウェア業界、SIなどの情報処理業界、ウェブサービスなどを展開するネット業界などが含まれる。

業界の歴史が浅いことや技術革新が起こりやすいことから、業界自体の革新が多く起こり成長が著しい産業である。

市場環境

現在も急速に市場が伸びており、今後10年間で約5倍もの伸びが予想されている。

身近な例を考えるだけでも、携帯電話やPCの進化や普及はもちろんのこと、銀行などの企業で使われるシステム、IoT(モノのインターネット)などもより進化し、普及していく。そういった面を考えると身近にある全てがIT化してきているため、業界の役割はまだまだ大きくなっていくだろう。またその速度は今後も高まると予想されている。

  • IT業界のいいところ

    • 働く上での傾向

      成長を続ける産業であり、また新しい産業でもあるため、若手でも役職者が多く、能力主義的な企業も多い。業務内容は大きく分けると、システムを作るエンジニアリングサイドと、それを売ったり、会社の管理をするビジネスサイドに分けられる。エンジニアリングサイドでは主にコーディングが主業務になる。一方でビジネスサイドでは通常の業界と変わらず、セールスやマーケティング、人事労務、経理などが主業務になる。そのため、一概にIT業界と言えど業務は多様である。

      働く上で身に付くものやメリット

      成長している産業であるため毎年多くの役職が生まれる。年長者が少ないこともあり、若くして大きなチャンスが与えられることが多い。産業自体が効率化されており、地理的制約も受けにくいために利益率が高いため、給与も高水準であることが多い。

      企業数も増加著しく、人材の流動性も高いためにIT業界に従事する人材の転職も多いのもメリットと言えるだろう。

コンサル・シンクタンク業界ってどんなところ?

コンサル・シンクタンク業界とは

クライアント企業に対して専門的なコンサルティング(相談や指導・企画・立案を手伝う)を行う業界である。経営や戦略などを行う戦略コンサルティングファームと、会計・組織・人事・ITなどの業務上の専門課題についてコンサルテーションを行うファームがある。シンクタンクはこの中でもリサーチ業務がメインになる。

市場環境

日本ではコンサルティングの利用率が元々低かったが、普及が進み堅調に推移している。また、既存の人事や経理などの専門コンサルティング業界はもちろんのこと、ITやビッグデータなど新しい専門性が求められており、今後もニーズは高いままである。

  • コンサル・シンクタンク企業のいいところ

    • 働く上での内容

      実際の業務は当該案件のリサーチ、資料作成、提案、報告が主な業務である。シンクタンクはこの中でもとくにリサーチを重きにおき、コンサルティングは解決案の提案や一部実行まで行うことが多い。いずれもひとつの案件ごと任命され、その案件をチームで行い、終了次第次の案件に任命されるという案件ごとの仕事となる。

      働く上で身に付くものやメリット

      上述の通り、顧客企業が解決することのできない専門的な業務、もしくはそういった業務を解決する能力を期待されているため、特定の業務における高い専門性、またそれを補完する資料作成やデータ分析などの高い基礎スキルが身に付く。また、そういった特性上能力の高い人間が期待されているため、転職においても有利であったり、給与が一般的に見て高いことが多い。

広告代理店・商社ってどんなところ?

広告代理店・商社とは

広告代理店はメディアの広告枠と、広告主の仲介を行うことでマージンを得る業界である。電通を筆頭とするマスメディアの広告枠を取引する総合代理店と、ウェブで同業務を行うネット代理店の2つがメインの業界である。

また、商社は世の中のありとあらゆるモノを取引してマージンを得る業界である。あらゆるモノを扱う総合商社と、繊維や鉱物など専門商材の取引を行う専門商社がある。総合商社はその後、トレーディング事業から投資事業へと事業領域を拡大している。

市場環境

広告業界においては、全体としては金融危機後の落ち込みから回復しピークには届いていないものの堅調な推移を見せている。かつて大きな市場であった4マス媒体の市場規模は、広告市場全体の5割を下回るなど縮小を続けるものの、インターネット広告市場が伸びを見せている。

商社業界は近年資源の好調が業績を牽引してきたが、ここにきて資源価格の下落とともに各社が減損を出すなど苦戦している。ただしこれは一時的なものだと予想されており、今後も安定したトレーディング事業を軸に、投資が利益を産む構造は堅調なまま推移すると思われる。

  • 広告代理店・商社のいいところ

    • 働く上での傾向

      両者とも、ある会社とある会社を結びつけてマージンを得ることが業務である。そのため、関係者との距離を縮めて信頼を構築することが重要であり、高度な客商売を行うことが求められる。また、ネット広告代理店などでは専門的な商材の理解なども求められる。

      働く上で身に付くものやメリット

      上述の通り、商社業界、広告業界ともに会社と会社の間に入って互い結びつける業務であり、どちらのクライアントと関わる時にも信頼構築が必要であるため、独特なセールス技術が身に付く。給与は高めであり、人気の高い業界でもある。
      ネット広告代理店業界などではテクノロジーの理解などが必要であり、専門知識が得られることもメリットのひとつであろう。

人材・教育業界ってどんなところ?

人材・教育業界とは

人の就業や教育など人に関わる業界である。採用、派遣、バイトなど就業にまつわる人材業界と、学校や塾、家庭教師など教育にまつわる教育業界がある。どちらも「人」に深い関わりのある業界であり、それに関わる人の人生に大きな影響を及ぼす可能性のある産業であることから、人気が高い。

市場の成長率と市場環境

人材業界は、近年の人材流動性の向上や、働き方の多様化の影響を受けて堅調に推移している。社会の雇用の量自体が業務量の大きな変数となるため、景気に左右されやすい産業でもあると言えるだろう。

教育業界は、少子化により子供の数が徐々に減っている事もあり縮小傾向にある。だがその変化によって、付加価値の高いサービスを作り、どのように単価を向上させるかという業界の変革に携われる点や、価値観の多様化から教育そのものも大きく変化しているという点からも、これからの教育業界を作っていく面白さもあると言える。

  • 人材・教育系企業のいいところ

    • 働く上での傾向

      人材業界においては、企業側の求人と、求職者をマッチングさせることが主な業務である。そのため、求人の獲得を行うセールス、求人媒体などの制作、求職者の集客とカウンセリングなどが主な業務となる。

      教育業界には求人は存在せず、教育コンテンツの制作、求人媒体の制作と求職者の集客と教育の実施が主な業務である。

      働く上で身に付くものやメリット

      多くは人と向き合う仕事であり、対人スキルの向上が見込まれる。また、自らの業務が人の人生によい影響を与えることに繋がるという点に喜びを感じる人にとっては魅力的な職種であろう。

日系大手企業ってどんなところ?

日系大手企業とは

日本資本のメーカー、不動産、インフラ、建設、金融などを指す。
古くから日本の経済を支えてきた製造業を中心とした会社群である。依然として大きな経済規模を占め、第二次産業を中心とした人気の業界が揃う。

市場環境

日本市場は人口動態と共に縮小が予想されており、また特にメーカーなどは海外製品に世界的なシェアで押されており、業績が落ちている企業もある。一方で、海外での活動が伸びている企業は業績を伸ばしており、同企業群の中でも海外展開の成否が重視される。

  • 日系企業のいいところ

    • 働く上での概要

      日系企業では、技術職と総合職に分けられる。技術職は名のとおり商品や技術の開発が職務であり、退職までその開発や改善を行う。また、総合職は営業、企画、マーケティング、購買、生産管理経理、人事、総務などをローテーションで行うことが多い。

      働く上で身に付くものやメリット

      日系の企業は終身雇用と言われるように、長期の労働を前提とする企業が多い。そのため、安定していると言われており、成果に極度にこだわる必要もなく労働環境として優れていることがメリットである。

Industry

他の業界

Company企業分析

INDUSTRY LIST業界一覧

企業情報を探す

企業情報を探す