就プロ > 就活コラム > トップ層の就活を徹底解剖 評価される留学経験の使い方

トップ層の就活を徹底解剖 評価される留学経験の使い方

先輩の就活を徹底解剖。「留学」が選考で評価されない理由とは!? 難関企業の内定者150名アンケート。「留学」が選考で評価されない理由とは? 「留学」は就活で有利ではない? 難関企業の内定者150人の選考結果を分析してみました

2018.03.13.Tue

留学経験があると就活が有利という神話

「留学経験があると、就活では有利らしい」
「商社は留学経験がないと選考で不利になる」
「就活のために、留学とか行った方がいいのかな?」

こんな話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。就活での「留学」の評価については、様々な憶測が飛び交っています。

でも、留学をしていることが、本当に就活で有利に働くのでしょうか?逆に、留学をしていなければ、その時点で不利な状況に立たされてしまっているのでしょうか?

今回その謎を解明するため、エンカレッジでは既に就活を終えた2018卒の学生を調査。
対象は、超大手企業から今をときめくベンチャー企業まで、いわゆる「難関企業」に内定をもらった150名。*集計期間2017年10月-11月

留学経験は、就活にどういう影響を及ぼすのか?ぜひ参考にしてみてくださいね。

留学経験の有無と、選考結果の相関は?

結論からお話をすると、今回の母集団における調査では「留学経験の差は、就活結果に大きく影響しない」という結果になりました。

では、どうしてそう考えられるのか?データを見ていきましょう。

今回は「内定率(内定数/エントリー数)」について、留学経験者(約20%)と、留学未経験者(約80%)を比較。

すると、それぞれの内定率は以下のようになりました。

この表を見てみると、留学をしている人としていない人では、選考の通過率はほとんど変わらないという事実が分かります。

多くの方は「留学をしていると、就活で有利」と予想をしていたのではないでしょうか。では、なぜこのような結果が出たのでしょう?それを表すもう一つのデータがあります。

留学経験は二の次。企業の本音

そのデータとは「そもそも企業は留学経験を評価しているのか?」というデータです。
実は、企業は留学経験を重視していない、というものがあるのです。

株式会社リクルートキャリアが行なっている調査「就職白書(2017)」の1つに、企業が採用基準として重視している要素は何か?というデータが紹介されています。

このデータの上位項目を見てみると、以下のような結果。

  • 人柄(92.9%)
  • 自社/その企業への熱意(76.1%)
  • その学生の今後の可能性(68.8%)

一方で、「海外留学経験」を重視していると回答した企業は、なんと全体のたった3.9%。

その他、「語学力」を重視していたのは12.1%と、海外留学や語学力といった部分は、選考ではほとんど評価されていないということがわかります。

つまり「留学をしました」「語学力に自信があります」という話をしても、なかなか評価はされにくいという現実があります。

では、留学経験は、就活では無駄なものなのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

大事なのは、経験を通して何を伝えるか

この記事では「留学経験は無駄だ」と伝えたいわけではありません。
大事なのは、留学経験の有無だけが評価の対象ではないということです。

そもそも、今は留学すること自体はそう珍しくない時代。「留学に行った」という「事実」だけを面接で話しても、面接官は食いついてくれません。

では、どうすれば良いのか。
それは、留学経験を通じて何を学んだか、留学を通じてどんなことを成し遂げたか、という部分です。

その経験自体が大事なのではなく、そこから得たものや感じたもの、そこに対する自分の努力が重要。それは、留学経験に限らず「頑張ったこと」を伝える際には、必ず重要になりますよね。

「頑張ったこと」を伝える際には、以下が重要だと言われます。

  • 頑張った事象
  • それを頑張った背景
  • どう考え、どう行動したのか
  • その経験から得たこと

留学の話を伝える際も同じです。

文化の違いからなかなか輪に入っていけないルームメイトを助けた話。苦手だった語学を克服するために努力した話。

そんな話から、あなたの努力・学び・人柄を伝えることで、企業に魅力的な人物だと思ってもらうことこそが重要なのです。

繰り返しになりますが、「留学」という事実だけで評価をされることは多くないでしょう。

逆に、留学には行ったけど思い入れのある経験が無いよ、という人は、無理に留学の話をするのではなく、あなたの人柄が伝わるアルバイトの話、サークルの話を伝えた方が良いかもしれません。

大事なのは、「留学に行ったという事実」ではありません。皆さんの中にも、ついつい「やったこと」を語ってしまいがちな方も多いのでは無いでしょうか?

「やったこと」に、どんな想いを持って取り組んだのか。どんな風に考え、どんな風に努力をしたのか。

そんな点を、面接の前に是非もう一度整理し直してみてくださいね。

エンカレッジでは、今後も就活を終えた先輩にアンケートを取っていきます。いろんな就活の謎を解明していきたいと思っているので、是非参考にして見てください!

留学経験以外でも評価されるためには?20卒向けイベントはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

就プロの人気記事をお届けします!

 
  • Column他の記事

    企業情報を探す